考査管理システム KOUSA

考査管理システムとは?

ON AIR前のCM・番組素材の、表現や言い回しのチェックを行うシステムです。

特徴1 考査進捗の見える化、特徴2 あいまい&詳細検索、特徴3 考査依頼自動メール

概要

■考査状況の共有

代理店から来る考査依頼素材や考査結果を、システム上にアップロードし社内共有が可能です。

■考査業務の効率化

一元管理により、放送局の煩雑な考査業務の高速化と効率化を実現します。

■考査ナレッジの集積

考査業務に関する情報を一元管理することで、煩雑な情報を集約しナレッジ構築します。

■DVD、ペーパーレス対策

考査に関わる情報をデータ化することで、ペーパレス・テープ/DVDレスの実現が可能です。

■自考査漏れの防止・過去の考査見解検索
特徴

考査依頼機能

営業担当者が考査担当者へ、新規に考査依頼が出来る機能です。
新規依頼だけでなく、改稿素材に対する内容も、関連付けて依頼することが可能です。

メール配信機能

考査担当者に依頼を出す際に、システムから考査担当者もしくは、考査担当部署への依頼メールの配信が可能です。

考査回答機能

考査担当者が考査回答の情報を登録する機能です。
考査担当者をサポートする機能を実装しています。

考査回答検索機能

過去の考査結果を検索する機能です。
過去の結果を検索出来ることで、営業担当・考査担当双方にメリットがあります。
また放送局としての考査ナレッジの蓄積にもなります。

報告書出力機能

考査における系列会議や、エリア会議の際に提出する、考査報告書を出力する機能です。
考査担当者の方の作業負担を軽減します。

権限管理機能

部署間を跨いだり場合によっては、局間で考査情報をシェアする際の権限設定が可能です。

導入実績

■某在京キー局 2局様
■某地上波基幹局様
■某地上波局様

導入事例

■某在京キー局様

様々な場所に散乱していたCM考査用データを考査システムに集約。
担当変更の際にも時系列で考査情報を残せ、ジョブローテンションの際の、考査レベルの低下を防止することに成功しました。

■某地上波基幹局様

煩雑化する通販系考査依頼をシステムに集約し、考査担当と営業担当の情報共有をシームレスに実現しました。

商品についてのお問い合わせフォームはこちら お問い合わせ