Basic Information Security Policy 情報セキュリティ基本方針

大量の情報が作られ、行きかい、処理され、蓄積されるサイバー空間は、生活や事業の場で大きな役割を占めると同時に、役割が大きくなるにつれて、リスクも高まっています。 当社は、社会の発展に貢献する放送・メディア事業等の重要な産業をサポートする情報システム開発事業を通じて、重要情報を各種脅威から守りながら、お客様が安全に安心してご利用いただける製品とサービスの提供を、重要な使命と認識しています。 これを果たすため、基本方針および情報セキュリティ関連の規程を定め、関係者全員で以下の取組みを実施してまいります。

1. 当社が事業活動の中で取扱う全ての情報、データ及び情報システム、ネットワーク、設備等を「情報資産」として統一した安全管理を行い、それぞれの重要性を認識し、懸念される脅威やリスクを把握しながら必要な対策を事前に準備して実行します。

2. 当社は、役員を含む全従業者が参加する情報セキュリティの運用体制を確立し、当社情報セキュリティの維持と向上に取組みます。また、これらの取組みを定期的に評価し、改善する仕組みを整備します。

3. 本基本方針に基づいた対策規程を整備し、個人情報を含む情報資産全般の取り扱いについて明確な方針を示すとともに、情報漏洩などに対して厳格な姿勢で臨むことを社内外に周知徹底します。

4. 当社は、当社の事業と当社が取り組む情報セキュリティに関連する法令、規範、契約事項を遵守します。又、反社会的勢力の影響の完全な排除にも努めます。

5. 当社は、役員を含む全従業者の情報セキュリティへの取組み及び向上を支援するために、教育活動を行います。併せて情報セキュリティに関する情報を収集し、社内にて啓蒙活動を行います。

6. 上記方針の実践にも関わらず、万一セキュリティ事件・事故が発生した場合、またはその予兆が見つかった場合は、速やかな対応及び手続きを行うように取り組みます。

7. 当社は、経営方針の変更、事業内容の変更、社会的変化、技術的変化、法令等の変更などに適応すべく、本方針ならびに対策規程を定期的に、及び臨機応変に見直し、当社の情報セキュリティの継続的な改善を行っていきます。

2019年2月28日
株式会社ユニゾンシステムズ
代表取締役 今村 勉也